震災復興企画!月々支払い53,618円でマイホームの夢が!!!!『美しい小さな家』(伊達市諏訪野)にて売り建て分譲開始!!

   月々支払い53,618円でマイホームの夢が!!

土地建物が1,988万円(消費税込)

『美しい小さな家』15坪 + ロフト9坪のプランです。

オール電化仕様に全面タイル張りの仕様です。

 昨年の大震災では、『博士の家 八溝』同様に『美しい小さな家』も、頑丈に耐え抜きました。

 

 

 

 

 

 

 

「美しい小さな家」は12坪、15坪、18坪のこじんまり設計。
 この小住宅に、洗練と重厚感を与えているのは「せがい造り」の意匠です。軒を深く突き出して大屋根を構成する造りは、かつては地域の為政者や豪農にしか許されなかった様式といわれており、家を風雨から守ると同時に、建物の軸組をひき締めて構造上の強度を高めています。

シンプルに暮らすことの豊さを知る人々のために。

デザインコンセプトは、
小さな住まいは、創造性を高め、思索を進める源泉となってくれるのでしょうか。「方丈記」を著した鴨長明は2.7坪、独自のユーモラスに満ちる小説・随筆で知られる内田百間は12坪、名著「森の生活」を著したヘンリー・D・ソローは4坪、近代建築の巨匠と呼ばれるル・コルビュジェの「夏の休暇小屋」も4坪。
・・・古今東西を問わず、小住宅で創作活動にいそしんだ著述家やアーティストは多いのです。
小さな住宅に魅せられ、自邸にする著名建築家も、枚挙に暇がありません。隅からすみまでの住まいの気配を把握でき、自分の好みと趣味を過不足なく反映した居心地のよい”自分サイズ”の家。
魂を揺らすような、美しく小さな家を提案いたします。

詳しくは、弊社営業担当へお問い合わせください。